イベントの概要

三股町立文化会館自主文化事業
温故知新+”魂を揺さぶる歌・魂に響く和太鼓”
日時 2018/10/11(木)
19:00開演(18:30開場)
主催者 三股町・三股町教育委員会
料金 一般:2000円(当日同料金)
大学生以下:1000円(当日同料金)
ペア券:3500円(前売りのみ)
未就学児無料(親子室使用可)
問合せ先 三股町立文化会館
問合せTEL 0986-51-3462
関連ページ 詳しくはコチラをご覧ください。
参加方法 参加方法についてはこちらをご覧ください

日時

平成30年10月11日(木)
19:00開演(18:30開場)

出演

〇温故知新
 ・上之園謙治/ドラムス&パーカッション(写真左)
  甲斐裕三郎氏に師事。ヤマハ・ポピュラー・ミュージックスクール講師を経て1992年、『うえのそのドラム&パーカッション教室』を始める。
 ・石井秀弦/津軽三味線(写真右)
  16歳から三味線を習い始め、内弟子の修行を重ねながら三味線の修行の指導及び舞台活動に入る。
  1992年、津軽三味線石井流を創立。同年5月に北九州で行われたアスバック92での開会式において、秋篠宮ご夫婦の前で演奏を行い絶賛を浴びる。

〇Whoopin with 宮崎ゴスペルクワイア
 ・本名の上田浩恵として、約3万のヴォーカルオーディションを勝ち抜きポニーキャニオンよりCDデビュー。2枚のアルバムを発表後フリーとなり、自身の活動を行う傍ら、国内外の様々なアーティストのレコーディングやコンサートツアーにサポートボーカルとして参加。2006年より宮崎県に拠点を移しWhoopinという名前で活動を開始。「宮崎ゴスペルクワイア」主宰。

〇岩切響一(和太鼓奏者)
 ・小学校4年生から橘太鼓「響座」のメンバーとしての活動を開始。日本国内だけでなく、海外での公演も多数経験している。また、橘太鼓「響座」ジュニアのリーダーとして出場した日本太鼓ジュニアコンクールで最優秀内閣総理大臣賞を2回獲得。次世代を担う和太鼓奏者として注目されている。また岩切郷一率いる、橘太鼓響座「一(はじめ)」を新たに結成し、舞台の演出、新曲作りなど、新たな太鼓の可能性を追求しつづけている。

〇遠山淳(アレンジャー・キーボード)
 ~スタジオワークを中心に10代の頃から活動してきた「遠山淳」は、その卓越したセンスで70年代当時、まだまだ発展途上にあったシンセサイザーやコンピュータ分野の発展に深く関わり、日本のみならず海外でも、名立たる数多くのミュージシャンから厚い信頼を得ている。日本が誇る超プロフェッショナルな音楽家であり、彼が現在までに関わった楽曲は、国内だけでも何千曲にものぼる。~(音楽誌より抜粋)

チケット料金

〇一般:2000円(当日同料金)
〇大学生以下:1000円(当日同料金)
〇ペア券:3500円(前売りのみ)
〇未就学児無料(親子室使用可)

会場

三股町立文化会館
(宮崎県北諸県郡三股町大字樺山3404-2)

 

和「津軽三味線」と洋「打楽器」の温故知新、アメリカの音楽ゴスペル、日本の和太鼓の三位一体の融合による、古典を尊び、かつ、モダンなステージ。

魂の音楽をお楽しみください。

 

広報資料

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

参加方法

申込先 三股町立文化会館
申込方法 WEB、電話
申込TEL 0986-51-3462
申込ページ https://bunka.town.mimata.lg.jp/modules/event/index.php?content_id=746