昭和を見てきた道具展~回想 童心に返るひととき~

まちなか事務局 9月 11, 2017

都城歴史資料館の企画展として、この秋「昭和を見てきた道具展~回想 童心に返るひととき~」が行われます。

平成29年度第2回都城歴史資料館企画展

・開館 9時30分~午後5時
※※入館は午後4時30分まで
・休館 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日休館)
年末年始(平成29年12月29日~平成30年1月3日)
臨時休館日(9月20日・10月31日)
・会場 都城歴史資料館
1階 企画展示室
・料金 大人210円(団体160円)
高校生160円(団体100円)
小中学生100円(団体50円)

お誘い

小学校3年生の社会科の授業にあわせ、「むかしの道具」を紹介する企画展です。

今、私たちが当たり前に使っている冷蔵庫や洗濯機、コンピュータなどなど。これらの道具たちがあらわれる前は、どんな道具が使われていたのでしょうか?

今回の企画展ではそんな道具たちを「衣」「食」「住」「事務機器」のテーマごとに紹介します。また、実際にさわったり、動かしたり出来る道具もあります。

子どもたちにとっては見たことのない不思議な道具。大人にとっては懐かしいあのころの道具たち。ちょっと昔の暮らしをのぞいてみませんか。

会場へのアクセス

広報資料

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。