都城まちづくり株式会社主催 ファミリアコンサートVol.11

高橋 知己 カルテット & 古地 克成 トリオ Jazz Night 

まちなか事務局 3月 18, 2017

イベントの概要

都城まちづくり株式会社主催 ファミリアコンサートVol.11
高橋 知己 カルテット & 古地 克成 トリオ Jazz Night 
日時 2017/06/01(木)19:00~21:30(開場18:30)
会場場所 都城市ウエルネス交流プラザ
主催者 都城まちづくり株式会社
料金 <前売り券>
一般    3,500円
ペア券   6,000円
高校生以下 2,000円
定員 293席
問合せ先 都城まちづくり株式会社
問合せTEL 0986-26-7770
参加方法 参加方法についてはこちらをご覧ください

イベントの魅力

 ジョン・コルトレーンやエルビン・ジョーンズといったジャズ界の伝説のプレイヤーに影響をうけた、日本を代表するテナーサックス奏者・高橋知己(たかはしともき)さんを中心とするジャズ・カルテット・ライブを開催します。

 また、大王町にジャズ・ライブハウス「Old Earth」を構え、都城を拠点に精力的に活動するジャズドラマー古地克成さんのトリオも登場します。それぞれのバンドの構成メンバーも、全国的に活躍するメンバーばかり。クオリティの高いライブになることは間違いありません。

 気になる演奏曲目も、「TAKE FIVE」、「Summer Time」といったジャズ・スタンダード等、一度は聴いたことのある曲が中心となっていますので、普段ジャズを聴かないけれど気になるという方にも、安心して楽しめる内容となっています。また、ジャズが大好きな方にとってはベテラン演奏者によるスタンダードナンバーのアレンジ具合が、醍醐味となるライブです。

一度で2つのユニットのライブを体感できる、とてもお得なライブです。

あなたの心を震わせる至福の一夜をご堪能ください。

 

 

高橋知己カルテット メンバー紹介

高橋知己(sax)

1950年8月12日北海道常呂町生まれ。

’72 新宿PIT INNにてデビュー。70年代は向井滋春、古澤良治郎、森山威男らと活動。80年代は、古澤良治郎&リー・オスカー・バンド、今村祐司とのバンドを経て’83渡米 ,E. Jonesと”Village Vanguard”に出演する。

帰国後、E. Jones Japanese Jazz Machine(’84~’90)、渡辺文男、寺下誠らのバンドに参加し、さらに元岡一英と北海道バンド(’84~’93)を結成。現在、自己のカルテット(津村和彦、嶋友行、小松伸之)の他、渡辺文男グループ、山崎弘一、清水くるみとのDUO、紙上理グループ等のセッションで活動中。

’79「TOMOKI」、’80「Another Soil~Tomoki Meets Elvin Jones」、北海道バンド ’89「Visions」、’91「5 Minutes Ago」、’92「Quite A Dance」、高橋知己トリオ’94「Perhaps」、高橋知己カルテット・フィーチュアリング渡辺文男 ’97「Make Someone Happy」、高橋知己カルテット ’00「Nothing Like You」、高橋知己&清水くるみDUO’02 「Reconfirmation」 を発表

工藤 精(contrabass)

1973年6月5日北海道生まれ。弘前大学でジャズとウッドベースに出会う。’98 上京、東京での音楽活動をスタートする。現在、その太くてあたたかい音色と幅広い音楽性で、ライブ、レコーディングなど、引っ張りダコである。現在は高橋知己、秋山一将、清水くるみ、松下美千代、MITCH、オレンジペコーらと共演。

斎藤 良(drums)

1978年広島市生まれ。幼少より和太鼓やドラムを演奏。19才で上京後、鈴木勲、本田竹広、池田芳夫他、数多くのバンドに参加。また、最近はジャズ以外にもブラジル音楽やHip Hop等、幅広く活動を展開中。現在、Saigenji、orange pekoe、JUA、B-Hot Creations、東京民族音楽、高橋知己、松下美千代、ボサノバ歌手・小野リサバンドに加入。

生田 幸子(piano)

大阪生まれ。幼少の頃よりエレクトーン、ピアノ、ドラムを始める。大学時代にジャズと巡り合い、高橋俊男氏に師事。京阪神を中心にコンサート・ライブ活動を展開。エディー・ヘンダーソン、オテロ・モリノ、日野皓正、TOKU、大坂昌彦、井上陽介ら世界及び日本を代表するジャズ・ミュージシャンと数多くのセッションを重ねる。’08「第1回なにわジャズ大賞」受賞。教育者としても未来のミュージシャン育成に力を注ぎ、弟子入り志願のピアニストが後をたたない。

’02「My Language」を発表

古地克成トリオ メンバー紹介

古地克成(drums)

1971年宮崎県都城市生まれ。’91上京、大坂昌彦氏に師事。’94 NY・LA・MAへ渡米、JAZZセッションで研鑚する。帰国後、日野皓正グループにてツインドラムで日野元彦氏と共演、好評を博しその後の演奏に多大な影響を受ける。’98山中良之グループ、松島啓之、西尾健一グループに参加。SWINGジャーナル誌(現在廃刊)DRUM部門人気投票ランクイン。’02 拠点を都城に移し、’03 JAZZ GALLERY“OLD-EARTH”を主宰しながら全国で幅広く活動。’05松崎加代子、服部義満、野本晴美、安東昇らと「SWING FIVE」を結成。’07と’13 UMK PHOENIX JAM NIGHTに出演。’15 山下達郎BANDサックス奏者 宮里陽太の全国ツアーに参加。’16 spring jazz rordとして林栄一、スガダイロー、若井俊也、井上陽介他多数と共演。

そのdrumingは、繊細かつ大胆、かつメロディアス&芸術的と共演者による評価を獲る。

現在、宮崎県都城市在住ながら精力的に四方八方に活躍する。

 EJQ宮里陽太・関戸敬子・関戸知雄・谷口潤実 ’12「MIST ISLAND(KFJ-1006)」、JAZZED山田穣・池田潔 ’14「SMILE」、 古地克成JAZZ TRIPLETS 関根彰良・徳田智史 ’16「THREE FLOWERS」を発表

関根 彰良(guitar)

1978年5月5日生まれ千葉県出身。東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始し、文学部美学芸術学専攻卒業。’09 Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。

’11 1stアルバム「FUZZ JAZZ」、’13「SOLITARY PHASE」、’15「WET & DRY」を発表

徳田 智史(contrabass)

1982年生まれ、岡山県倉敷市出身。大学在学中よりコントラバスの演奏を開始し、数多くのアンサンブル、セッションに参加しながら研鑽をつむ。力強く多様性のある演奏スタイルは信頼厚く、国内外の様々なアーティストと共演。現在は東海地区を拠点に活動中。甲陽音楽学院名古屋校講師。’17オランダjazz fesstivalに”joris posthumus group”で出演する。

 

広報資料

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

参加方法

申込先 都城市ウエルネス交流プラザ
申込TEL 0986-26-7770
申込FAX 0986-26-7781
申込開始日 2017/04/05
申込締切日 2017/05/31
申込状況

会場へのアクセス

会場場所 都城市ウエルネス交流プラザ
会場場所 住所 都城市蔵原町11-25
駐車場 ウエルネスパーキング
駐車場 住所 都城市蔵原町11-20